宝ホールディングスは、酒類・調味料事業を展開する宝酒造グループ、バイオ事業を展開するタカラバイオグループ、健康食品事業の成長を加速させる役割を担う宝ヘルスケアを傘下に置く持株会社として、グループ全社の経営を調整・統括し、最大限の事業成果を追求しています。
 この持株会社体制のもと、宝グループは、酒類・調味料事業を安定的な収益基盤とし、バイオ事業と健康食品事業という有望な将来性のある成長事業を有する、独自の強固な事業ポートフォリオを築いています。

宝酒造グループ

 宝グループの中核事業である酒類・調味料事業の歴史は、1842(天保13)年までさかのぼります。以来170年にわたり、時代や消費者が求める価値観や嗜好に対して、常に独創的で確かな技術に裏付けられた安心できる商品の提供を使命として活動を続けています。現在の商品カテゴリーは、焼酎、清酒のほか、ソフトアルコール飲料、ワイン、ウイスキー、中国酒、調味料、原料用アルコールなど多岐に広がり、こうした製品を日本国内のみならずグローバルに提供しています。さらに海外では、日本食レストラン向けに和食の食材・調味料などを販売する海外日本食材卸事業の基盤構築にも注力しています。

(→ 宝酒造株式会社のホームページ

焼酎
拡大
焼酎
清酒
拡大
清酒

[ 焼酎 ]
 長年培ってきた独自の蒸留技術や貯蔵技術によって、時代が求める焼酎を追求し、市場を創造し続けることで、焼酎市場の発展に貢献してきました。 
 甲類焼酎では、伝統と安心の甲類焼酎No.1ブランド “宝焼酎”、樽貯蔵熟成酒を3%ブレンドしたひとクラス上の宝焼酎“極上<宝焼酎>”、発売から30年以上のロングセラーを続ける“宝焼酎「純」”など、独自の品質と味わいを持つブランドによりトップシェアを堅持しています。また、本格焼酎では芋100%にこだわった“全量芋焼酎「一刻者(いっこもん)」”、麦本来の味わいを追求した“本格麦焼酎「知心剣(しらしんけん)」”をはじめとするこだわり商品、日常の晩酌ニーズにきめ細かく対応する「よかいち」など、独自の技術によるオリジナリティーのある商品を開発・育成しています。

[ 清酒 ]
 松竹梅は、「よろこびの清酒」として慶祝・贈答市場におけるトップブランドの地位を確立しています。
 2001年には「本当に旨くてよい酒とは何か」を徹底的に追求するため、伝統的な手造りの原理を再現した最新鋭の設備と、人の手で行う酒造りの両方をあわせもった松竹梅白壁蔵(しらかべくら)を完成させ、新感覚のスパークリング清酒“松竹梅白壁蔵「澪(みお)」”や“松竹梅「白壁蔵」<生酛(きもと)純米>”などの高品質酒を送り出しています。また2011年には、二段酵母仕込みで「コクがあってすっきり辛口」の“松竹梅「天」”に新容器パウチパックを発売。お客様の多様なニーズに応えます。業務市場においては“松竹梅「豪快」”が多くのお客様からご支持をいただいています。これからも松竹梅は造りや原材料にこだわり、新しい商品を提案していきます。

ソフトアルコール飲料
拡大
ソフトアルコール飲料
調味料
拡大
調味料

[ ソフトアルコール飲料 ]
 下町の大衆酒場で愛され続ける辛口な味わいを追求した“タカラ「焼酎ハイボール」”や、1984年に日本初の缶入りチューハイとして衝撃的なデビューを飾って以来、30年以上にわたりご愛飲いただいている“タカラcanチューハイ”など確かな技術に裏打ちされた独自のおいしさが多くのお客様からご支持をいただいています。
 また、業界初となる果汁を使用しながらも糖質ゼロ、プリン体ゼロ、甘味料ゼロ、香料ゼロ、着色料ゼロと5つのゼロを実現した“タカラ果汁入り糖質ゼロチューハイ「ゼロ仕立て」”や今までにない新しいスタイルの味わいを実現した “タカラ「ネオ酒場サワー」”などお客様に新しいおいしさをお届けする商品の開発・育成に取り組んでいきます。


[ 調味料 ]
  本みりんのトップブランドとして日本の食文化とともに進化・発展を続けてきた“タカラ本みりん”や、食塩0(ゼロ)の料理清酒“タカラ料理のための清酒”など、「お酒のチカラでもっとおいしく」をテーマに、料理をおいしく、食卓を豊かにする様々な酒類調味料をご提案しています。
 また、加工業務用市場に向けては、惣菜や加工食品などに適した酒類調味料「京寶」ブランドやだし調味料などの商品を取り揃えるとともに、食品分析や調理効果研究、レシピ開発などお客様とともに様々な課題解決に取り組んでいきます。

[ 海外 ]
  近年、健康志向の高まりによりおいしくヘルシーな日本食が世界中で広がりを見せている中、清酒「松竹梅」やタカラ本みりんをはじめとする宝酒造製品の輸出および現地での製造・販売を行う海外酒類事業、海外の日本食レストランや小売店に日本食材などを販売する海外日本食材卸事業を2つの柱として事業を展開しています。
 海外酒類事業は米国全土および欧州向けに清酒やみりんなどを製造・販売する米国宝酒造、中国で清酒や本みりん、焼酎の製造・販売を行う宝酒造食品、バーボンウイスキー“ブラントン”を扱うエイジ・インターナショナル社、スコッチウイスキーの製造・販売を行うトマーチン社の4社を軸に、事業展開を積極的に進めています。
 また、海外日本食材卸事業はフランスのフーデックス社やイギリスのタザキフーズ社、スペインのコミンポート社をグループに迎えるとともに、長年の協力関係にある米国ミューチャルトレーディング社との連携を強化するなど、世界での日本食材卸ネットワークを拡大し、事業の拡大を進めています。
 海外酒類事業と海外日本食材卸事業はそれぞれの事業拡大とともに、両事業のシナジーを発揮させ、日本の食文化をさらに世界に広めるとともに、海外市場における新たな販路拡大に取り組んでいきます。

海外事業
拡大
海外事業

タカラバイオグループ

 宝グループのバイオ事業の使命は、細胞・遺伝子治療などの革新的な技術の開発を通じて人々の健康に貢献することです。その実現を担うタカラバイオグループでは、技術および収益の基盤である「バイオ産業支援事業」により安定的な収益を創出するとともに、第二の収益事業として「医食品バイオ事業」の育成に努めています。この両事業で得た経営資源を「遺伝子医療事業」に投入し、遺伝子治療の早期商業化を目指しています。

(→タカラバイオ株式会社のホームページ

研究用試薬
拡大
研究用試薬
遺伝子・細胞プロセッシングセンター
拡大
遺伝子・細胞プロセッシングセンター

[ バイオ産業支援事業 ]
  大学の基礎研究から企業の創薬研究まで、世界中のバイオ研究を支援しています。遺伝子増幅に用いられる高性能のPCR酵素やリアルタイムPCR装置、幹細胞関連製品など、市場ニーズに応じた試薬や機器を開発・販売するとともに、高速シーケンス解析やiPS細胞作製などの高付加価値受託サービスも提供しています。
 2014年10月に「遺伝子・細胞プロセッシングセンター」を稼働させ、今後はCDMO事業を拡大していきます。

ガゴメ昆布
拡大
ガゴメ昆布
遺伝子医療
拡大
遺伝子医療

[ 医食品バイオ事業 ]
 日本古来の食品素材をバイオテクノロジーで解析し、ガゴメ昆布「フコイダン」、ボタンボウフウ「イソサ
ミジン」など、素材の機能性を活かした健康食品素材を開発・製造しています。
 また、キノコの新品種育成や大規模栽培の技術を活かし、ホンシメジなどを生産・販売しています。

[ 遺伝子医療事業 ]
 コアテクノロジーである遺伝子工学・細胞工学技術を応用して、がんやHIV感染症などを対象にした遺伝子治療の臨床開発を進めています。
 2019年3月期に悪性黒色腫を対象にした腫瘍溶解性ウイルスHF10の、2022年3月期に固形がんを対象にしたsiTCR遺伝子治療の、2023年3月期にHIV感染症を対象にしたMazF遺伝子治療の商業化を目指します。

宝ヘルスケア

 宝ヘルスケアは、宝グループが保有する技術や素材を活かした、高品質で差異化された健康食品を開発し、通販サイトなどを通じて、お客様に直接販売しています。主力製品の「フコイダン」は、北海道産ガゴメ昆布を100%使用し、独自技術により高純度の成分を抽出。多くのお客様からご支持をいただいています。

(→宝ヘルスケア株式会社のホームページ

健康食品
拡大
健康食品