宝グループは、技術に裏付けられた安全・安心な商品やサービスを世界中にお届けするとともに、医療の進歩に貢献し、世界の人々の暮らしを豊かなものにしていくことで、企業価値の向上を目指しています。

 宝ホールディングスは、国内の酒類・調味料事業を担う宝酒造、海外で日本食材卸事業や酒類事業を展開する宝酒造インターナショナルグループ、バイオ事業を推進するタカラバイオグループなどを傘下に置き、グループ全社の経営を調整・統括し、最大限の事業成果を追求しています。

宝酒造

 宝グループの中核事業である国内酒類・調味料事業の歴史は、1842年までさかのぼります。以来170年にわたり、時代や消費者が求める価値観や嗜好に対して、常に独創的で確かな技術に裏付けられた商品を提供してきました。そして現在、清酒・焼酎や和の調味料の本みりんなど、日本の伝統的な酒類・調味料である「和酒」に強みを持つ国内有数のメーカーとして、独自の技術開発力と安定的な生産体制から生み出されるバランスのとれた商品ポートフォリオを築いています。

(→ 宝酒造株式会社のホームページ

焼酎
拡大
焼酎
清酒
拡大
清酒

[ 焼酎 ]

 長年培ってきた独自の蒸留技術や貯蔵技術によって、時代が求める焼酎を追求し、市場を創造し続けることで、焼酎市場の発展に貢献してきました。

 甲類焼酎では、伝統と安心の甲類焼酎No.1ブランド“宝焼酎”、桜樽貯蔵熟成酒を3%使用した“宝焼酎「NIPPON」”、発売から40周年を迎えロングセラーを続ける“宝焼酎「純」”など、独自の品質と味わいを持つブランドによりトップシェアを堅持しています。また、本格焼酎では芋100%にこだわった“全量芋焼酎「一刻者(いっこもん)」”、麦本来の味わいを追求した“本格麦焼酎「知心剣(しらしんけん)」”をはじめとするこだわり商品、日常の晩酌ニーズにきめ細かく対応する「よかいち」など、独自の技術によるオリジナリティーのある商品を開発・育成しています。


[ 清酒 ]
  松竹梅は、「よろこびの清酒」として慶祝・贈答市場におけるトップブランドの地位を確立しています。

 2001年には「本当に旨くてよい酒とは何か」を徹底的に追求するため、伝統的な手造りの原理を再現した最新鋭の設備と、人の手で行う酒造りの両方をあわせもった松竹梅白壁蔵(しらかべくら)を完成させ、新感覚のスパークリング清酒“松竹梅白壁蔵「澪(みお)」”や“松竹梅「白壁蔵」〈生酛(きもと)純米〉”などの高品質酒を送り出しています。また2011年には、二段酵母仕込みで「コクがあってすっきり辛口」の“松竹梅「天」”に新容器パウチパックを発売。お客様の多様なニーズに応えています。業務用市場においては“松竹梅「豪快」”が多くのお客様からご支持をいただいています。これからも松竹梅は造りや原材料にこだわり、新しい商品を提案していきます。

ソフトアルコール飲料
拡大
ソフトアルコール飲料
調味料
拡大
調味料

[ ソフトアルコール飲料 ]

 

 下町の大衆酒場で愛され続ける辛口な味わいを追求した“タカラ「焼酎ハイボール」”や、1984年に日本初の缶入りチューハイとして衝撃的なデビューを飾って以来、30年以上にわたりご愛飲いただいている“タカラcanチューハイ”など確かな技術に裏打ちされた独自のおいしさが多くのお客様からご支持をいただいています。

 また、業界初となる果汁を使用しながらも糖質・プリン体・甘味料・香料・着色料を合わせた「5つのゼロ」を実現した“タカラ果汁入り糖質ゼロチューハイ「ゼロ仕立て」果実なキレ”など、お客様に新しい価値をお届けする商品の開発・育成に取り組んでいきます。


[ 調味料 ]  

 本みりんのトップブランドとして日本の食文化とともに進化・発展を続けてきた“タカラ本みりん”や、食塩0(ゼロ)の料理清酒“タカラ「料理のための清酒」”など、「お酒のチカラでもっとおいしく」をテーマに、料理をおいしく、食卓を豊かにする様々な酒類調味料をご提案しています。

 また、加工業務用市場に向けては、惣菜や加工食品などに適した酒類調味料や、だし調味料などの商品を取り揃えるとともに、食品分析や調理効果研究、レシピ開発などお客様とともに様々な課題解決に取り組んでいきます。

宝酒造インターナショナルグループ

 近年、世界的な健康志向の高まりや「和食」のユネスコ無形文化遺産への登録などを契機に、海外で日本食の人気が高まる中、宝酒造インターナショナルグループは、海外の日本食レストランや小売店に日本食材などを販売する海外日本食材卸事業と、酒類の輸出や海外各地で製造販売を行う海外酒類事業を展開しています。

(→宝酒造インターナショナル株式会社のホームページ

[海外日本食材卸事業 ]
 欧州ではフーデックス社(フランス)、タザキフーズ社(イギリス)、コミンポート社(スペイン)、ケタフーズ社(ポルトガル)が、北米ではミューチャルトレーディング社が、またオーストラリアではニッポンフード社が、拡大する日本食市場に向けてそれぞれ積極的な事業展開を行っています。

 

[ 海外酒類事業 ]
 米国全土および欧州向けに清酒やみりんなどを製造・販売する米国宝酒造、中国で清酒や本みりん、焼酎の製造・販売を行う宝酒造食品、バーボンウイスキー“ブラントン”を扱うエイジ・インターナショナル社、スコッチウイスキーの製造・販売を行うトマーチン社の4社を軸に、事業を展開しています。

海外日本食材卸事業
拡大
海外日本食材卸事業
海外酒類事業
拡大
海外酒類事業

タカラバイオグループ

 宝グループのバイオ事業の使命は、遺伝子治療などの革新的な技術の開発を通じて人々の健康に貢献することです。その実現を担うタカラバイオグループでは、技術基盤である「バイオ産業支援事業」により安定的な収益を創出するとともに、第二の収益事業として「医食品バイオ事業」の育成に努めています。この両事業で得た利益を「遺伝子医療事業」に投資し、遺伝子治療の早期商業化を目指しています。

(→タカラバイオ株式会社のホームページ

研究用試薬
拡大
研究用試薬
遺伝子・細胞プロセッシングセンター
拡大
遺伝子・細胞プロセッシングセンター

[ バイオ産業支援事業 ]
 研究支援分野とCDMO分野の双方で、世界中のバイオ研究を支援しています。遺伝子増幅に用いられる高性能のPCR酵素やリアルタイムPCR装置、幹細胞関連製品など、市場ニーズに応じた研究用試薬や理化学機器を開発・販売するとともに、次世代シーケンス解析やiPS細胞作製などの受託サービスも提供しています。

ガゴメ昆布
拡大
ガゴメ昆布
遺伝子医療
拡大
遺伝子医療

[ 遺伝子医療事業 ]

  がんなどを対象にした遺伝子治療の臨床開発を進めています。

 悪性黒色腫や膵臓がんを対象にした腫瘍溶解性ウイルスHF10、滑膜肉腫を対象にしたNY-ESO-1・siTCR遺伝子治療および、急性リンパ芽球性白血病を対象としたCD19・CAR遺伝子治療の早期商業化を目指します。 

 

[ 医食品バイオ事業 ]

 食品素材をバイオテクノロジーで解析し、ガゴメ昆布「フコイダン」、ボタンボウフウ「イソサミジン」など、機能性を活かした健康食品素材を開発・製造しています。

 また、キノコの大規模栽培の技術を活かし、ホンシメジ、ハタケシメジなどを生産・販売しています。