第2四半期連結累計期間の業績概況

代表取締役社長<br/>木村 睦
拡大
代表取締役社長
木村 睦

 当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高は、新型コロナウイルス感染拡大などの影響により、宝酒造インターナショナルグループの売上高が海外日本食材卸事業を中心に大きく減少し、宝酒造も減収となったことから、タカラバイオグループで増収となったものの、1,277億8,400万円(前期比7.1%減)となりました。利益面では、タカラバイオグループが売上原価率の改善等により増益となったものの、宝酒造、宝酒造インターナショナルグループが、売上高の減少に伴う売上総利益の減少等により減益となったことから、営業利益は57億8,200万円(前期比24.1%減)、経常利益は59億4,000万円(前期比24.5%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は27億6,100万円(前期比36.9%減)となりました。
 通期につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化が見込まれる中、タカラバイオグループにおけるPCR検査関連製品への需要は持続するものの、宝酒造インターナショナルグループの売上高が海外日本食材卸事業を中心に大きく減少する見込みであることから、連結売上高を2,740億円(前期比2.6%減)と、8月に修正発表した業績予想から下方修正いたします。一方利益面では、宝酒造および宝酒造インターナショナルグループで原材料のコストダウンや販売費及び一般管理費の圧縮に努め、またタカラバイオグループにおける売上原価率の低下も見込まれることから、連結営業利益は138億円(前期比12.9%減)、連結経常利益140億円(前期比13.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は71億円(前期比20.9%減)と、それぞれ上方修正いたします。

「宝グループ中期経営計画2022」の取り組み

 当社グループでは、会社創立100周年となる2025年度(2026年3月期)に向けた6年間の経営計画である長期経営構想「TaKaRa Group Challenge for the 100 th」(以下、TGC100) を2020年4月に策定し、取り組みを進めています。また、TGC100の具体的な実行計画として、2022年度(2023年3月期)を最終年度とする3 ヵ年の中期経営計画「宝グループ中期経営計画2022」をスタートさせています。
 この中期経営計画のもと、宝酒造では利益創出型の企業体質への進化をめざし、高付加価値商品の育成を進めるとともに、市場や顧客ニーズの変化にスピード感を持って対応するための商品開発・育成体制の整備や、専門部署の新設によるコストアップへの対応力強化を図っています。
 宝酒造インターナショナルグループでは、海外でも人気の日本産果実を使用したリキュール製品の輸出に注力しているほか、海外の日本食市場のさらなる拡大に対応すべく北米のミューチャルトレーディング社で進めていた物流拠点の拡張移転を完了し、配送効率を向上させます。
 タカラバイオグループでは、新モダリティを創出し続ける創薬企業となるべく積極的な研究開発を続けるとともに、足元では新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのPCR検査関連製品の安定供給や、ワクチン開発等への協力といった社会要請の高まりに引き続き対応してまいります。

持続可能な社会の実現に向けて

 当社グループは、TGC100の策定に合わせ、社会・環境課題に対する基本的な考え方を示す「宝グループ・サステナビリティ・ポリシー」を本年5月に公表しています。社会環境の急速な変化に対し世界規模での対応が求められる中、当社グループはこのポリシーのもとで、事業活動を通じた社会的価値の創造により、持続可能な社会の実現に引き続き貢献してまいります。
 株主の皆様には、引き続き当社グループへの温かいご支援をたまわりますよう、なにとぞよろしくお願い申しあげます。

 

2020年12月

宝ホールディングス株式会社
代表取締役社長 木村 睦